« プラタナス賞 | トップページ | ラフィアン2次募集(2011) »

2011年10月12日 (水)

映画はやぶさ

子どもたちに宇宙に興味をもってもらいたいと思い、「映画はやぶさ」に連れて行きました。

子どもいわく「宇宙船に人がのっていないのはつまらない」とのことでどこまで心に響いたかわからないのですが(まあ、その感想はわからないでもない)、私は結構楽しめました。

楽しめたどころか、既に「小惑星探査機 はやぶさの大冒険」(山根一眞著、マガジンハウス刊、1300円)も読んでいろんなエピソードも知っているはずなのに、打ち上げのシーンや帰還のシーンでは思わず涙してしまいましたよ。

Lullaby_of_muses_2 はやぶさといえば、知り合いに勧められて買ったこちらのCDもすばらしいです。

Lullaby of Muses 2(小惑星探査機はやぶさの組曲)

あまり持っている人はいないかもしれませんが、はやぶさに関心がある人もそうでない人も、ぜひ聞いてほしいと思います。夜空をみながらとか、夜のドライブとかにぴったりです。

しかしJAXA、いい仕事していますね。以前、科学技術庁と同じビルで働いていたことがありますが、エレベーターで聞く彼らの宇宙がらみの話がカッコ良かったのを思い出しました…。

|

« プラタナス賞 | トップページ | ラフィアン2次募集(2011) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画はやぶさ:

« プラタナス賞 | トップページ | ラフィアン2次募集(2011) »