« ヴィンテージイヤー、2着 | トップページ | 一眼レフを買ってみた »

2011年11月 9日 (水)

バケネズミ

Newworld貴志祐介の「新世界より」を読みました。

いやあ、これはすごかった。こんなすごいSFは久しぶりに読みました。

通勤途中に我を忘れて読めるか? が私のすごい本の尺度なのですが、まちがいなく我を忘れて小説の世界に没頭できます。

舞台は未来、キーワードは、超能力が使えるミュータントとハダカデバネズミが進化したと思われる人語を喋る「バケネズミ」なのですが、前半はジュヴナイル小説の趣もあり、不思議な雰囲気な小説だな、と思って読んでいるうちに話がどんどん展開していきます。

最初は主人公たちの視点から物語を読んでいるのですが、知らず知らずのうちに「バケネズミ」にも感情移入していて、そこで訪れるラストに思わず「あっ」と言ってしまいます。

日常を忘れたい方にお勧めです。

|

« ヴィンテージイヤー、2着 | トップページ | 一眼レフを買ってみた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バケネズミ:

« ヴィンテージイヤー、2着 | トップページ | 一眼レフを買ってみた »