« ドリームプログラム3着 | トップページ | 今年1年(出資馬) »

2012年5月 9日 (水)

モロッコ向け円借款の意義

BLOGOSの山口巌氏の記事にこんなのがありました。

108億円もの手土産を携えて訪問すれば、それは国王も会ってくれるだろうし、国を挙げての歓待もあったかも知れない。

モロッコ政府観光庁のホームページが示す通り、この国は観光資源に恵まれており、ヨーロッパの人達にも昔から人気がある。

玄葉外務大臣も、大いにモロッコでのゴールデンウイークを楽しまれた事であろう。

それにしても、債務問題に呻吟する日本が、何故北西アフリカに位置するモロッコに108億円もの巨額の円借款を供与せねばならないのか?

円借款と言うからには金利はゼロでは無い筈である。一方、モロッコの様なイスラム国家では金利は認めておらず、結局、金利分は「債務救済援助」でプレゼントしますよ、の如き裏約束があるのだろうか?

外務省は未来永劫、かかる「サンタクロース外交」を継続する積りなのか?

モロッコの旧宗主国はフランスであり、モロッコの富を強奪した経緯がある。しからば、過去の罪滅ぼしも含め、面倒を見るのは本来フランスではないのか?

野田首相は「消費税増税」に随分熱心で、「不退転の決意で」、「職を賭して」取り組むとの決意表明が大好きである。国民の痛みには冷徹に対応されているが、外務省に対しては甘過ぎるのではないか?
外務省がモロッコに108億円の円借款供与、「クールジャパン」戦略などの司令塔として「広報文化外交戦略課」(仮称)を創設するとか

氏は、記事の中で引用されているNHKの報道に接した感想だけで書いておられるようですが、外務省のHPにアップされているプレスリリースを見ると単なるサンタクロース外交ではないようです。

モロッコでは大規模太陽エネルギー発電所の建設が予定されていますが、当然、シャープや京セラといった日本の太陽光パネルメーカーも受注に関心を持っていると聞いています。プレスリリースのなかでも玄葉大臣が国王にそれをアピールしています。

また、プレスリリースのなかにはありませんが、同じく外務省の国別援助情報のモロッコのページでは、同国がリン鉱石の産出国であることが記載されています。

化学肥料を作るうえで重要なリンは、産出国の第一位は中国ですが、第二位はモロッコで、資源国として重要な地位を占めています。そのリン鉱石からリンを運ぶ機関車は日本製機関車が活躍していたりして、実は日本にとって縁浅からぬ国です。

最近では、タンジェ地域に輸出特区が設けられ、一時期日産が工場の建設を検討していたほか、すでに進出している日系企業もあり、対岸のヨーロッパへの輸出基地として有望視されています。

そうしたなかで財政負担の比較的少ない円借款を活用しつつ、水資源が貴重なモロッコの最優先課題である下水道整備を支援するというのは、決して単なるばらまきではない、戦略的な支援である、というのが私の考えです。

|

« ドリームプログラム3着 | トップページ | 今年1年(出資馬) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

シンケンさん
こんにちは。しばらくここを放置していたのでコメントいただいたにもかかわらずお返事遅くなりまして申し訳ありません。

ヴィンテージイヤーへの祝福ありがとうございました。内田ジョッキーがうまく乗ってくれたこともありましたが、強い勝ち方で今後も期待が持てる内容だったと思います。馬体も充実してきているので、このまま成長していってほしいと思います。

投稿: participant | 2012年12月 5日 (水) 00時00分

ヴィンテージイヤー3勝目きっちり決めてくれましたね。おめでとうございます!!

終始余裕の手ごたえで、強い内容の勝ちっぷりでした。これからも楽しみですね。

投稿: シンケン | 2012年11月25日 (日) 00時12分

O2さん、コメントありがとうございます。
そうなんです。あまり憶測で書かれるものですからつい言いたくなってしまいました。政府のやることだからといってなんでも批判的に言えばよいというものではありませんし、ブログに書く以上は最低限ファクトだけでもおさえてほしいなと思った次第です。

なお、何事も最初にやるというのは大変なことだと思います。最初に道を切り開いたからこそ、今があるのだということですね。ありがとうございました。

投稿: participant | 2012年5月16日 (水) 23時26分

お久しぶりです。
モロッコときいて、思わず出しゃばってコメントを
書かせて頂いております。
お元気ですか?
影響力のあるブロガーが憶測だけで「裏約束が
あるのか?」なんて書いてはいけないですよね。
日本とモロッコとwin-winの関係になれるような
支援を、頑張って頂きたいです。

…個人的には、「1本目があんなに大変だったのに、
下水分野って後続案件が採択されるんだ…orz」という
どうでもいい感想を持ってしまいますが^^;

投稿: O2 | 2012年5月15日 (火) 07時36分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モロッコ向け円借款の意義:

« ドリームプログラム3着 | トップページ | 今年1年(出資馬) »