« 我は如何にしてムービースクリーンの11を選択せりか | トップページ | 引き継ぎ書 »

2013年1月 6日 (日)

出資馬今年の初陣

京都3Rにワイルドアンセム(牡3歳、父ワイルドラッシュ)が、また中山9R寒竹賞にマイネルクレイズ(牡3歳、父ダンスインザダーク)が出走します。

ワイルドアンセムは久々の出走となりますが、小崎厩舎はユニオンのレポートをみていても丁寧な調整を行うところという印象を受けていますのできっちり仕上がっているはず。初戦、2戦目と一番人気だった実力をみせてくれると思います。

マイネルクレイズは、前走で500万下クラスには目途をつけたはずですが、人気は全くありません。確かに切れる脚はないのですが、一戦ごとにタイムを詰めていますし、勝った中山コースですのでいいレースを期待したいと思います。

ところでユニオンの会報の新年特集、武豊騎手と自転車の別府史之選手の対談はよかったですね。もともとユニオンの会報は内容が濃いのですが、一クラブの会報とは思えないほどの充実した内容です。会報に載せておくだけではもったいないので、ユニオンのホームページでも「一般の方も購入いただけます」としているんでしょうね。

【レース後追記】
ワイルドアンセムは11着。うおーん。

楽に先行できたのでスピードがあることは実証できましたが、直線は伸びがありませんでした。岩田騎手によればもう一度1800mに戻したほうがよさそうとのことで、休み明け2戦目の次走に改めて期待です。それにしても勝ったウイングリートは強かった。

しかしレース後30分ちょっとで詳細な騎手コメントまで掲載してくれるユニオンのサービスは素晴らしいですね。

マイネルクレイズは7着

柴田大知騎手らしい積極的な競馬で、直線半ばで先頭に立ち、私も思わず力が入ったのですが、最後100mで有力どころにまとめて差されてしまいました。着差は0.4秒差なので、この子も本当によく頑張っているのですが。

|

« 我は如何にしてムービースクリーンの11を選択せりか | トップページ | 引き継ぎ書 »

ラフィアン」カテゴリの記事

ユニオン」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出資馬今年の初陣:

« 我は如何にしてムービースクリーンの11を選択せりか | トップページ | 引き継ぎ書 »