« ペガサス2013 | トップページ | ファイナルブロー »

2013年4月29日 (月)

Bright Edgeの11にまつわるデータ

コズンさんから、先の記事へのコメントで以下のご質問をいただきました。

今、ノルマンディに1頭マル外がおりまして、これが見た目は一目惚れも血統は昨今の傾向からして、十中八九だめだろうという奴で、未だ出資に迷っています。そこでお聞きしたいのですが、以前マイネルのマル外の獲得賞金についてはお調べになったようですが、マル外全体の回収率等のデータはご存知でしょうか?

ノルマンディーオーナーズクラブの募集馬ページをみると、Authorized産駒のBright Edgeの11が募集にかかっていますね。馬体をみると、おお、なるほどこれはなかなか。

私はモンジューのファンで以前産駒のマイネルクルーガーにも出資していたことから、400分の1ならいっちゃえ、という感じですが、確かに重たいサドラーズウェルズ系、躊躇するお気持ちはわかります。

さて、そこでまずマル外全体の3~12歳の獲得賞金をみてみましょう。

Targetによれば、この10世代で中央競馬に登録されたのは1676頭、平均獲得賞金は2120万円でした。輸入経費や関税を払ってでも走らせたいマル外ですから、一般の馬に比べるとよい数字です。ちなみに一番稼いだのはキンシャサノキセキで、76720万円。

「marugai.xlsx」をダウンロード

では、Authorized産駒の成績はどうか。

これまで4頭が登録して(下の添付ファイル参照)、平均獲得賞金は363万円ですが、このうちバンデとアンカジャポニカの2頭は現役3歳馬でまだまだこれから稼ぐでしょうから、あくまで参考値として考えた方がよさそうです。引退済の2頭のうち、コスモアネクドートは勝ち上がっていますし。

「authorized.xlsx」をダウンロード

もう一つ参考情報を。

ノルマンディーオーナーズクラブは、岡田牧雄氏が立ち上げたクラブとうかがっていますが、では同氏が馬主として所有していたマル外馬たちの成績はどうか。

これまでに9頭いますが(下の添付ファイル参照)、平均獲得賞金は4,837.8万円とマル外全体の平均を大きく上回っています。しかもうち5頭はまだ現役3歳馬ですからこれからまだまだ稼ぐ可能性があります。

「MrOkada.xlsx」をダウンロード

いや、これって、黙って「買い」なんじゃないですか…(^^;

|

« ペガサス2013 | トップページ | ファイナルブロー »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コズンさん、こんにちは。

確かに外国産馬は出られるレースが限られるのが難ですよね。94~95年の円高の頃は、4歳(当時)秋の福島の未勝利混合戦はすべての出走馬が外国産馬、ということもありました。

記事がご参考になれば幸いです(^^)

投稿: participant | 2013年4月30日 (火) 21時39分

おはようございます☆
毎度早々に教えて頂きありがとうございます。
“男は黙ってマル買い“ですかね(笑)

あとはマル外は出られる未勝利戦が3、4割しかないので、デビュー時期が遅くなるとマル外同士厳しい戦いになりそうですし、もう少しの間、調整を見守り判断してみたいと思います!


投稿: コズン | 2013年4月30日 (火) 07時59分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bright Edgeの11にまつわるデータ:

« ペガサス2013 | トップページ | ファイナルブロー »