« ヴィンテージイヤーは7着 | トップページ | 掲示板確保 »

2013年6月 8日 (土)

ディアベルデビュー、クレイズ復帰

えー、西日が差し込む部屋で汗だくになりながら書いております。マニラでもなんとかやっております。

明日、マイネルディアベル(牡2歳、父ナイキアディライト)が阪神5レースでデビューします。

予定していた東京のレースが除外濃厚ということで、頭数の少ない阪神で登録してきたものですが、相手関係も評判馬がそろっており、勝算あってのことかと思って競馬ブックを見ると、大和田先生のコメントは、「もう一追いほしい状態。距離ものびた方が」と今ひとつ。

走ってみなければわからないのが競馬ですし、かつて出資していた馬でゲート練習しかしてない状態でデビューしていきなり2着に来た馬もいたので予断は禁物ですが、しかし、ハイレベルでコンマ1秒を争う競馬の世界では、万全の状態でないと勝ち負けできない、ということなんじゃないかと常日頃思っているところ、焦って出走する時期でもないだけに、なんでわざわざデビュー戦で阪神に遠征させるのだろう、と思わないでもありません。

ただ、走る以上は頑張ってほしいと思います。もとより、無駄肉のつきにくいタイプだけに、仕上がりの良さでひと泡ふかしてくれることを期待しています。

明日は東京でマイネルクレイズ(牡3歳、父ダンスインザダーク)が復帰します。

募集ツアーのときに岡田総帥が「菊花賞に出なかったらみなさんに1000円差し上げます」と言っていた馬だけに、ここからこつこつと長距離戦で頭角を現して、菊花賞への夢をつないでほしいところです。降級馬も古馬もいて、クレイズ自身も調整は坂路のみと不利な条件が重なっていますが、ゆりかもめ賞の走りができれば見せ場はあるんじゃないかと思っています。

マニラは、レーシングビューワーがなんとかぎりぎり再生できるので、ほぼリアルタイムで応援したいと思います。

*****

ところで駆け込み出資を検討していたユニオンですが、こっちで忙しくしているうちにいつの間にやら締め切りの5月31日を迎えてしまい、結局、ハッツオフにもスペシャルフォースにも出資しませんでした。気持ちを切り替えて、2013年度募集馬の検討に入りたいと思います。チャレンジイズマイライフ。

|

« ヴィンテージイヤーは7着 | トップページ | 掲示板確保 »

ラフィアン」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディアベルデビュー、クレイズ復帰:

« ヴィンテージイヤーは7着 | トップページ | 掲示板確保 »