« 昇級初戦は最下位 | トップページ | 祝!マイネルロブスト障害初勝利 »

2013年7月28日 (日)

スターズインハーアイズの12に出資

7月中は平常時の6倍つくというユニオンポイントに目がくらみ(ウソ)、ユニオンのスターズインハーアイズの12(父ゼンノロブロイ、牝1歳)に一口だけ出資しました。

●出資のポイント

1.血統

 祖母ウインドインハーヘア、叔父ディープインパクト。ディープインパクト以外の近親も高いレベルでコンスタントに走りまくり。これ以上、言うことはありません。

 なんでこれだけの血統馬が売れ残っているか不思議ですが、おそらくかつてユニオンで募集された直近の姉ブリリアントクラン(父ロックオブジブラルタル)が未勝利だったからでしょう。

 もちろん、走ってみなければわかりませんが、ウインドインハーヘアの系統は特にサンデーサイレンス系との相性が良さそうなので、ザロックからゼンノロブロイに変わったことはプラスと思います。

 ゼンノロブロイの種牡馬成績はいまいちというのが世間の評判らしいですが、父ナイキアディライトや父ゼンノエルシドでも気にしない私には懸念材料ではありません(笑)。

2.馬体

 バランスがとれていて皮膚が薄く、走りそうに見えます。ブリリアントクランはやや胴が詰まった体型でしたが、この子はそれよりは伸びやかな体型ですし、もう一頭のユニオン提供馬、姉のプレザントブリーズ(父マンハッタンカフェ、1勝)よりも頭の位置は低そうです。

 歩いてる動画をみても、私が勝手にポイントとして考えている、飛節の伸びもまずまずで、スムーズに歩いています。走るうえでどこか窮屈になるような点は見受けられませんでした。

3.生産牧場

 矢野牧場ですから心配していません。初めて出資したルーベンスクラフトも勝ってくれましたし、惜しくも抽選漏れで出資できなかったソルレヴァンテも活躍中。私との相性は良いはずだ(笑)。

4.懸念点

 やっぱり牝馬ってことでしょうかねえ…。もともと競馬の世界では牝馬は不利なのに加え、私の見る目がないので、ここ最近の私の牝馬出資成績はかなり悲惨です。飛ぶ鳥を落とす勢いのディープインパクト産駒でも未勝利ですからね(ローズアダージョ)。

 その都度、もう二度と高額牝馬には出資するものか、と思うのですが、この馬は総額1800万円で200分の1口なので、この血統、馬体との兼ね合いでぎりぎり許容できる範囲内かと。

 あとは、兄ダノンパッションもアインラクスも早い時期から活躍して期待が大きかったのに、故障そのほかで素質開花できないまま引退してしまったことから、素質にみあった丈夫さという点でどうか、というのはあるかもしれません。

5.今後

 とにかく出資申込みボタンは押してしまったので、あとは応援あるのみ。

 岩代太郎のRoad to Glory(重賞本馬場入場曲集。このアルバムは実に良い)をステレオでかけながら、この馬がオークスの本馬場入場をしてくる姿を思い浮かべるイメージトレーニングに励みたいと思います。

 なおラフィアンの馬選びについては、自分がいいと思った馬たちが全く売れておらず自信喪失気味なのと、2次募集馬をみてみたいので、もうしばらく考えます。

 

|

« 昇級初戦は最下位 | トップページ | 祝!マイネルロブスト障害初勝利 »

ラフィアン」カテゴリの記事

ユニオン」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スターズインハーアイズの12に出資:

« 昇級初戦は最下位 | トップページ | 祝!マイネルロブスト障害初勝利 »