« 悔いの残るレース | トップページ | ルーベンスクラフト急きょ出走 »

2013年7月25日 (木)

早起きが苦手なんですよ

会社に遅刻勝ちで、「私、朝起きるの苦手なんですよ」という人がいたとしましょう。

これから想像するのは、8時ぐらいに起きて、「あ、いけない」とかなんとかいいながら、パンを口にくわえながら着替えて8時30分ぐらいに家を出て、9時5分ぐらいに「すみませーん」と会社に入ってくるのを想像しますよね。なんというか、Lazyな感じ。

私の職場に遅刻がちな人(比人女性、20代)がいて、そのことを聞くと「いやあ、私早起きが苦手なんですよお」というのでてっきり上記のような感じかと思って、何気なく「何時に起きているの」と聞くと…。

「朝は5時に起きます。」

!?

「で、準備して家を出るのは6時ぐらいなんですが、まずジープニー(小型乗合バス)に乗ってバスターミナルに行き、そこからMRT(マニラ市内を走る軽量鉄道)の駅までいくバスに乗り換えます。駅についたらMRTに乗り換えて、何駅かのって、そこで降りてから会社の近くまでくるジープニーに乗ってくるのですが、4回の乗り換えの待ち合わせ時間も含めて、大体2時間以上かかりますね。」

というのです。

え、毎日ですか。毎日、行き帰りそんななの?

「ええ。いやほんと、遅刻しちゃいけないってわかっているんですけど、朝早く起きれないんですよね。すみません。」

いや、あなた、日本では毎朝4時台に起きてるのって、農家の人ぐらいですよ。

聞けばこんなのは、自家用車を持たない人ならばマニラでは普通のことであるとのこと。

バンコクやジャカルタ、ハノイなど東南アジアの他の首都では、高架鉄道や地下鉄などの路線が次々に整備されていますが、マニラでは輸送量の少ない軽量鉄道が3本あるのみで、交通渋滞が一向に解消されません。

朝5時におきて毎日往復4時間以上かけて通勤してくるのですから、本当に勤勉だと思います。

これでこの国が効率的な大量輸送システムを手に入れたら、凄いことになるのではないかと思うのですが、おとといの大統領施政方針演説では、触れられたのは高速道路だけで、庶民の足となる鉄道、地下鉄などの大量輸送システム整備はありませんでした。

なんだか残念だなあ。

|

« 悔いの残るレース | トップページ | ルーベンスクラフト急きょ出走 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早起きが苦手なんですよ:

« 悔いの残るレース | トップページ | ルーベンスクラフト急きょ出走 »