« ダイビング | トップページ | 早起きが苦手なんですよ »

2013年7月21日 (日)

悔いの残るレース

おいこらちょっとまて。

思わずそう心の中で声をあげてしまったぞ。

マイネルディアベル(父ナイキアディライト、牡2歳)は、函館2歳Sに11番人気で出走して6着

惜しくも掲示板に届きませんでしたが、3コーナーで手綱を引っ張り周囲にいた他馬から2馬身ほど遅れる不利。

普通、1200m戦ならあの時点で勝負にならないところですが、直線入り口ではほぼ最後方の位置からよく追い上げての6着です。5着のハッピースプリントからは2馬身差ですから、あの不利がなければ掲示板に載っていたのでは…。

これも競馬なので仕方ありませんが、惜しいレースでした。しかし、走ることは改めてわかったので、次も地味に期待したいと思います。

他方、福島8R芝2600m戦に出走したマイネルクレイズ(父ダンスインザダーク、牡3歳)は、辛くも掲示板を確保の5着

これまでの戦績や血統から福島2600m戦は得意かと思いましたが、意外にも最後はスタミナをなくすレースが続いています。夏場がよくないのか、あるいは微妙に距離が長いのか。

父はダンスインザダーク、母の父はホワイトマズルなので長ければ長いほどよさそうですが、母母父はミスタープロスペクターですからね。あんまり関係ないか。

|

« ダイビング | トップページ | 早起きが苦手なんですよ »

ラフィアン」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

もるげんさん、こんにちは。
ディアベルへのコメントありがとうございます。
2歳戦とはいえ、重賞で6着に来たのですからまずまずなのですけれども、いい脚で巻き返してきただけに悔しいというかなんというか。人間、欲深くていかんですね。

ご指摘のとおり、強い相手にもまれるのは大事だと思いますので、次に期待したいと思います。

投稿: participant | 2013年7月21日 (日) 20時21分

お疲れ様です。ディアベルは内枠が災いして本来の競馬が出来なかったようですね。それでも最後は6着まで押し上げましたから、やはり走る馬です。
この時期に強い相手と当たること、速いペースを経験しておくことは、とても重要だと思います。巻き返しに期待しましょう。

投稿: もるげん | 2013年7月21日 (日) 18時35分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悔いの残るレース:

« ダイビング | トップページ | 早起きが苦手なんですよ »