« マイネルディアベルは4着 | トップページ | 追い出しをぎりぎりまで我慢 »

2013年12月15日 (日)

ディアベル、朝日杯FS4着!

台風30号の被害があまりにもひどいので競馬の話は自粛していたのですが、あの、すみません、ちょっとだけ書かせて。

マイネルディアベル(牡2歳、父ナイキアディライト)がG1、朝日杯フューチュリティステークスに出走して、9番人気の低評価ながら先頭からコンマ4秒差の4着と大健闘しました。

うおお。

朝日杯はマイネルロブストで2着したことがありましたが、着順は悪くても興奮度は同じ。

名手デムーロの手に導かれて、戦前の予想通り好位でしっかりおりあってラチ沿いを進み、最初の3Fのラップが35.1秒と表示されたときには、京王杯でもそう思いましたが、「これ、勝っちゃうぞ…!」と。

4コーナーではさすがG1、後続の有力馬がどっと外から襲い掛かるところを追い出しをグッと我慢、さすがデムーロと思っていたら、直線に入り先頭のベルカントの脚色が鈍り、スペースが無くなります。

しばらく追い出せないうちに外から各馬に一気に来られて、ああ、このまま馬群に飲み込まれるのかと思いきや、スペースができた途端、デムーロの鞭に応えていったんは交わされたプレイアンドリアルを差し替えし、ベルカントを追い抜かした姿をみて「うわうわ!」と絶叫。

一瞬、夢を見ました。

いつも人気がありませんが、なんだかんだ言って重賞で連続4着なのですから大したものです。父は長く活躍した馬ですし、母の父はトニービンなので、早熟ということもなさそうで、来年にはより一層の飛躍を期待したいと思います。

|

« マイネルディアベルは4着 | トップページ | 追い出しをぎりぎりまで我慢 »

ラフィアン」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コズンさん、こんにちは。
ディアベルへの賞賛コメントありがとうございました。
この馬の「交わされてからも粘る」という姿は父ナイキディアベル譲りですね。気性面も遺伝するのだなあと、馬選びで重視すべき要素が増えたように思っています。

といっても、父にしろ母にしろよほど現役時代によく見ていた馬じゃないと気性面はわからず、馬選びのヒントを得たというより悩みの種が増えたような気もしますが。

メレグロアス、前走と同じ4着でしたが着差を詰めてきましたね。先頭との着差を詰めてくる馬はあっさり勝ってしまうケースが多いと思っているのですが、メレグロアスも奥のある血統ですし、早く勝ち上がってクラシック戦線に乗ってくることを期待しています。

ではでは。

投稿: participant | 2013年12月16日 (月) 23時51分

こんにちは~。ディアベルの走り、男気感じましたよー。内側で一見、伸びなかったのでつぶれたかな~と思っていたら、もはや恒例というべきか交わされそうになってから伸びる伸びる!

勝ち馬の脚を見るとあれは強かったとしか言えませんが、ディアベルの頑張りには脱帽っす。

レースのパターンを覚えている馬ですし、はまるとアッサリ重賞も勝ってしまいそうですね。
成績もですが、こういうド根性馬が私もいつか欲しいです。

投稿: コズン | 2013年12月16日 (月) 12時08分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディアベル、朝日杯FS4着!:

« マイネルディアベルは4着 | トップページ | 追い出しをぎりぎりまで我慢 »