« 貴様呼ばわり | トップページ | マイネルクレイズ16戦目 »

2014年1月24日 (金)

ある一日

P1030465small ほとんど使われていない線路を歩いているところ。

思わず映画「スタンド・バイ・ミー」を思い出します。線路の上は、枕木の上を歩いていけばよいので、意外に歩きやすい。

P1030464smallこちらはいつから動いていないのか、草木に覆われた線路点検用車両(?)。

思わず「天空の城ラピュタ」のロボットを思い出してしまいました。ラピュタではロボットの肩に小鳥がとまっているシーンがありましたが、こちらは周囲にヤギの親子がうろうろしていました。

フィリピンの鉄道というと、「線路敷地内の不法居住者をかき分けてぼろぼろの列車が警笛をひたすらならしながらのろのろ走る」という昔のイメージが強いのですが、今はごらんのとおり敷地はきちんと管理されており、列車も定時運行していて、昔に比べれば頑張っています。

もちろん昔に比べれば、下の写真のとおりまだまだ課題は多いのではありますが。

 

|

« 貴様呼ばわり | トップページ | マイネルクレイズ16戦目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある一日:

« 貴様呼ばわり | トップページ | マイネルクレイズ16戦目 »