« 出資馬ではありませんが | トップページ | マイネルディアベルの次走 »

2014年7月20日 (日)

馬選びPDCA

函館1Rでプラチナコード(父ゴールドアリュール)が好タイムで快勝しました。

出資者の皆様、おめでとうございます。

プラチナコードは、母がクロフネ産駒で関東オークスを勝ったホワイトメロディー、近親もミレニアムバイオがいる優秀な血統です。

カタログの写真をみても、ちょっとおなかが出ているかなという気はしますが、前後躯のバランスが良く、歩く姿も前脚の出が良く滑らかに進んでいく感じです。

価格は1500万円ですから、牡馬としては平均的な価格、重賞勝ち馬の子供にしては安い部類だと思います。

こんなに買い材料がそろっているのに、なぜ私は買わなかったのでしょう。1年前に戻って自分を責めたい。

自分の失敗は認めたくないものですが、現実を直視しないと進歩はありません。

  • 冬毛が生えていたのと葦毛のせいで、皮膚が厚そうにみえた
  • 父ゴールドアリュール、母の父クロフネで、上記とあいまってなんとなくスピードが足りないような気がした
  • 提供牧場の岡本牧場はユニオンではたぶん初ですが、なぜこれだけの馬がこの価格でユニオンに提供されるのか不思議だった。本来だったらホワイトメロディーの馬主さんとか、個人馬主に売られてもおかしくないと思われた

・・・なんか、自分で書いていても浅はかな考えで恥ずかしいですね。

カタログ写真で冬毛が生えている、なんていう理由で却下していたらキリがありません。血統も、母の父クロフネにだけ注目するのではなく、祖母の父Seeking the Gold、曾祖母の父Danzigとあるのをみれば、決して鈍重な感じはなく、むしろ短距離にも対応できるキビキビとした印象を受けます。

提供牧場が初、というのはまさに下種のかんぐり、下手の考え休むに似たりで、ユニオンという新しい販路を開拓するのであれば最初に有力な馬を提供しようとするのが自然、とも考えられます。

なお、この世代で選んだスターリーウインド(牝2、父ゼンノロブロイ)は、やや疲れがでたとのことで育成場で一休み中です。もともと秋デビュー目標なので良いのですが、私の目に狂いはなかった、と安心させてくれるような活躍を期待したいものです。

それにしても、プラチナコードのカタログにある、「芝馬を希望される方はご遠慮願いたいのです。」という岡本牧場のコメントをみると「ふふ」と思いますね。そうした思いで生産した馬が函館2歳Sを上回るタイムで芝1200mを勝つのですから、競馬は面白いです。

|

« 出資馬ではありませんが | トップページ | マイネルディアベルの次走 »

ユニオン」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コズンさん、こんにちは。クロニクルスカイ、この時期の3歳馬は成長が急で、案外昇級戦でもやれてしまったりするものなので調子が良ければぜひ続戦してほしいですね。

さて、相馬、血統以外の要素の推理について、コズンさんのコメントを読んでちょっと考えてみました。

私としては、①データがとれるものはとる(例:その牧場の馬の馬主別の成績)、②データがとれないものはそのプレーヤーのインセンティヴを考える(例:一年目は走る馬を用意するだろう…実際、セゾンにBRFが参画した年の馬たちの成績は素晴らしかったです)、③だけれども、この要素をどの程度重視するかといえば、あくまで走るのは馬自身なので、馬体・歩様・育成牧場での仕上がり具合を最優先する!というところかなと。

ラフィアンの3歳世代の活躍馬といえばダントツにダービー3着のマイネルフロストなのですが、この馬は、生産牧場の競優牧場さんの馬が最近奮っていないという理由で候補から外した馬でした。

この馬は一次募集馬で、早い時期からビッグレッドファームに引き取られているはずですから、生産牧場云々、というのはあまり意味のないことだったのかな、と今になって思っています。馬体や動きに注目していれば出資できない馬ではありませんでした(と、今頃ラフィアンの非出資会員はみんな思っていると思いますが)。

まあ、一口にしろ、馬券にしろ、推理と検証が競馬の醍醐味なので、これからも悩み続けたいと思います(笑)

投稿: participant | 2014年7月22日 (火) 00時10分

こんばんは^^クロニクルスカイへのお祝いのコメントありがとうございました。

>なぜこれだけの馬がこの価格でユニオンに提供されるのか不思議

こういう純粋な相馬以外の「名探偵推理要素」をどう利用すれば良いのか結構悩んでいます。育成のコメントも同様です。
適性や癖などが見える時もあるし、逆に勘違いのノイズになる時もあるし・・・。

一切、無視して相馬眼で勝負すべきと思う反面、セリや一口業界を見ていると「生産者やクラブとの騙し合い」の面は少なからずあるし、やっぱりある程度気にすべきことでしょうか?

投稿: コズン | 2014年7月21日 (月) 20時49分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬選びPDCA:

« 出資馬ではありませんが | トップページ | マイネルディアベルの次走 »