« 新規募集の季節 | トップページ | 追悼 ラムタラ »

2014年7月12日 (土)

過去最大級と騒いだが・・・予想下回った台風

読売新聞の記事の見出しですが、ダメでしょう、これは。

「騒いだが」の用語に揶揄する意図を感じますが、影響力のあるメディアなのですから、少しは考えてもらいたいものです。

土砂災害も発生していますし、死傷者も出ています。

今回は勢力が予想よりも早く弱まっただけであり、勢力が衰えなかった可能性もあります。天気予報の精度が上がったといっても、完璧ではありません。

たまたま、今日防災の専門家の方のお話を聞くことができました。

フィリピンでは、昨年台風30号で大きな被害がでたわけですが、果たして台風30号が最悪のシナリオと想定してよいのか、その解析とシミュレーションを行っているそうです。

進む速度や通ったルートを変えて、同じ規模の台風でもどのような被害が想定されるのか、そのための対応をどのように行うのかのドリル(訓練)をやるのだといっていました。

防災のように、効果を発揮した=被害が発生しなかった=効果が目に見えない、という施策こそ、丁寧にその意義を伝えていくべきと思います。

|

« 新規募集の季節 | トップページ | 追悼 ラムタラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過去最大級と騒いだが・・・予想下回った台風:

« 新規募集の季節 | トップページ | 追悼 ラムタラ »