« 頑張れ矢野牧場 | トップページ | 母父シンボリクリスエス×母母父サンデーサイレンス »

2014年7月22日 (火)

台風の名前

台風10号は、フィリピンをそれて台湾方面に向かっているようです。

先週、マニラ首都圏を直撃した台風9号は、勢力を強く保ったまま中国に向かい、何十年に一度の強さの台風として中国では大きな被害が出たようで、今年も自然災害には十分な警戒が必要な年になりそうです。

ところで台風の国際名は、どのように決まるかご存知でしょうか。

昨年フィリピンを襲った台風30号は、国際名「ハイエン」と呼ばれています。これは中国語で海燕という意味なのですが、実はこれ、あらかじめ決められている名前なのです。

先般、日本に上陸した台風8号の国際名はノグリーですが、韓国語でたぬきという意味です。

台風の名前は、東アジア・東南アジア・アメリカの14か国があらかじめ名前をつけており、全部で140個あります。

これが一巡すると、1個目の名前に戻ります。

今の台風10号はマットゥモ(米語で大雨の意味)、次に発生するであろう台風11号は、予言しておきますと(笑)、ハーロンです(ベトナム語でハロン湾からとっている)。

詳しくはこちらの気象庁のHP をご覧ください。

それにしても、各国の台風の名前の付け方はバラエティに富んでいます。

日本は星座からつけているようですが、他の国は、アリ(蟻)とか、バビンカ(プリン)とか、なんでそうなったのかわからない名前もたくさんあります。

ちなみにフィリピンでは国際名とは別にフィリピン固有の名称をつけています。最初に発生した台風はAから始まる人の名前(今年の1号はAgatonアガトンでした)、それから順にBから始まる名前、Cから始まる名前・・・となっています。

去年の台風30号は、台風ヨランダ(Yolanda)と当地では呼ばれています。

ヨランダは、女性につけられる名前で、防災を担当しているある国際機関の担当者の名前がJolanta(Yolandaと語源は同じで東欧バージョン)であるのを知ったときは、なんたる偶然!と思ったものです。世界に多数いると思われるヨランダさんは、ちょっと気の毒な気がします。

ちなみにフィリピンの人に言わせると、「なぜか被害が大きい台風には女性の名前の場合が多い」とか。なんとなくわかるような、わからないような。

|

« 頑張れ矢野牧場 | トップページ | 母父シンボリクリスエス×母母父サンデーサイレンス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風の名前:

« 頑張れ矢野牧場 | トップページ | 母父シンボリクリスエス×母母父サンデーサイレンス »