« 2014年8月 | トップページ | 2016年6月 »

2015年12月

2015年12月20日 (日)

1歳馬近況更新

まずユニオンのカーリーエンジェルの2014(父ジャングルポケット)。

現在は、BTCの屋内ウッドチップ主体にハロン23秒くらいのキャンターを乗っている。中間に来場された牧浦充徳調教師が、「2つ上の姉を管理していますが、馬体が決して大きくないものの背中が良いのは同じですね。この血統の良さが出ています」と話されいるように、柔らかみを感じさせる走りを見せている。ペースが上がったときの走りが楽しみである。馬体の成長と相談しながら、運動量に強弱をつけたメニューを組んでいく。

ユニオンの近況では、このように調教師さんのコメントを載せてくれるケースが多いです。調教師が気にかけてくれるということがわかるだけでも心強いものです。

体は小さいながら足元はすっきりしており、この時期ながら冬毛もあまり出ておらず、新陳代謝がよさそうなのも好感がもてます。

次はラフィアンのクリスビーナスの14 (父ジョーカプチーノ)。

クリスビーナスの14は、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。昼夜放牧を切り上げて騎乗を再開。順調に進められています。主任は「先日から強めの負荷をかけ始めていて、15-15を消化できました。力強さがあって、良くなってきています」と話していました。(12月14日現在の近況)

おっ、15-15!。

真歌の坂路で1ハロン15秒が出ていれば平地では14秒ぐらいの感覚でしょうか。かなり傾斜がきつい坂路で、坂の後半にかかると苦しそうな呼吸で上がっていく馬もいるなかで、当歳のこの時期で15-15ができるというのは嬉しいですね。

しかしまあ、当歳馬の近況の頻度というのはなんとかなりませんでしょうか。

まあ1週間ぐらいで変化があるわけではないのはよくわかっているのですが(私も飼い犬の様子を定期的に報告しろ、と言われても、「毎日寝てる。元気である」ぐらいしか言いようがありません)、特にユニオンのように1か月おきに数行だと、もう少し何とかならんかー!と思ってしまいます。

年が明ければ例年調教の様子がyoutubeでアップされたりして情報量が増えますので、それを楽しみに待ちますかね…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年12月19日 (土)

マイネルディアベル24戦目

明日の中山最終レースにマイネルディアベル(牡4、父ナイキアディライト)が出走します。

前走、先頭から2秒差の13着に敗れ、敗因はブリンカーをつけなかったこと(陣営の申請忘れ)と分析されていますが、それ以上にこの馬の場合、前半3Fが緩い流れならないと先行できず、持ち味を発揮できない、という点が大きかったのではないかと思います。

明日は中山1600mで枠は4番といいところを引きました。2年前の朝日杯FS4着のときと同じ枠です。メンバー的にも前半何が何でも行きたいという馬もいなさそうなので、なんとか35秒台後半のラップで前半3Fをこなしてもらいたいところです。

要はペースひとつ。

そうやって展開が向いたとしても末脚が確かなゴッドフリートローズマンブリッジサトノアッシュらにゴール前飲み込まれそうですが、持ち前の粘り腰で掲示板をめざしてほしいと思います。

【レース後追記】

8着でした。

上手くスローで逃げられたのですが、残り1Fを切ったところで後続に交わされてしまいました。あとコンマ1秒粘れれば掲示板だったのですが、そろそろ連戦の疲れが出てきたのかもしれませんね。でもよく頑張りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月15日 (火)

パイロがすごいと聞いて

私が敬愛する職場の同僚かつ本物の馬主さんのとうちゃんさんによれば、今地方競馬界の馬主さんが注目を集めているのはパイロだとか。

その理由を聞くと、

同じ系統のタピットの産駒が大活躍している
ダートでの勝ち上がり率が高い

という事のようです。

調べてみると、活躍の舞台がダート短距離に偏っているせいか、地味な印象ですが中央の初年度産駒(現4歳)の勝ち上がり率はほぼ5割で、非社台系の種牡馬である事を勘案するとなかなかの数字です。

ユニオンだと今ローズカーニバルの2014がパイロ産駒です。

グランド牧場のパイロ産駒は中央登録馬は全頭が勝ち上がっています。
ほほう。これは。

ダートはグランド牧場の得意科目ですし、競馬界を席捲しているディープインパクトやステイゴールドの子供達とかち合わないカテゴリーのレースに適性がありそうで、これは結構いい馬を見つけたのでは。ウヒ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月14日 (月)

申込書投函

クリスビーナスの14につき、ラフィアンから予約受付確認メールと出資いただけますメールが来たので、出資申込書を記入して投函しました。

毎年この投函する瞬間は、なんとも言えない感慨があります。期待と、ほんの少しの「違う馬の名前を書くべきだったのでは」という逡巡とが入り混じった気持ちで、最後はえいやっという感じでポストに押し込む瞬間は、何年やっても変わりません。

出資したらあとは応援するだけなので気が楽です。

出資前は、この歩様はいいのかとか、こっちの馬の方がいいんじゃないかとか、気になって仕方ありません。

ひどいときは日替わりで気になる馬が変わったりして、こうなってくるとなかなか決められず、楽しいはずの馬選びが苦痛になって来ます。

一頭に絞ったあとは如何にして家庭内決裁を通すかで、これはさらに頭も胃も痛くなる作業です。

その全てが終わり、今は明鏡止水の心境です。

って言いながら、まだ募集期間がたっぷり残っているユニオンのカタログを開いているのですが。これぞ中毒…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月13日 (日)

インド新幹線は採算がとれるか

本日の朝日新聞での記述。

今回の路線は沿線に人口100万人を超える巨大都市が並び、「世界でも数少ない好条件」(国土交通省幹部)とされる。日印共同の事業調査は、ムンバイ‐アーメダバード間の新幹線の運賃を2300ルピー(約4200円)と想定し、「採算性がある」とした。だが、インドで鉄道は「安価な庶民の足」というイメージが強く、現在は同区間を最安200ルピー(約360円)ほどで乗車できる。

これまでの鉄道と新幹線は別物でしょう。

東海道新幹線が開通した1964年の日本の一人当たり国民所得はわずか30万5千円でした。当時の東京‐新大阪間の運賃は2等が2,480円、1等が5,030円でした。

他方、現在のインドでは、人口が多いため一人当たりGDPは1600ドル程度(20万円弱)ですが、2020年ごろには年間所得が1万5千ドル(約180万円)を超える上位中間層、富裕層が3.5億人(!)を超えるとされています。

これらの層ではデリー‐ムンバイ間の料金4,200円は十分支出可能なはずです。

感覚的にも「3丁目の夕日」の時代の日本でも新幹線には大勢人が乗ったのですから、インドでも同様に大勢の人がのるでしょう。

記事では格安航空会社との競争も記載されており、確かにこれは脅威ではありますが、鉄道と飛行機では輸送力も大きく違いますので、日本の新幹線同様、インド新幹線も国を支える基幹インフラとして機能するものと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月12日 (土)

2015年ユニオンの出資馬

昨年はユニオンでも出資はしなかったので、今年の2歳馬はいません。やはり2歳がいないというのはさびしいです。

昨年の分も頑張ろう、という気持ちでユニオンも吟味して出資したのはこの一頭。

カーリーエンジェルの14(父ジャングルポケット)

出資のポイントは、以下の通りです。

【血統】

言わずと知れた、エガオヲミセテオレハマッテルゼエノクフラアンジェリコと兄弟がことごとく走っており、叔母エアグルーヴからは次から次へと活躍馬が出ている、我が国の最優良牝系です。文句のつけようがありません。

【馬体】

遅生まれということもあって、11月時点での馬体重は405㎏と小柄なのが気がかりですが、写真やビデオからは、小さいながらもバランスがよく、体をうまく使って歩いている様子がわかります。毛艶もよく、母は高齢ですが健康な馬のように思いました。姉のシャンデリアハウスも小さい馬体ながら健闘しており、そのうち2勝目を挙げるものと思います。

【価格】

この牝系の馬が、馬体も小さいだけで他には欠点がないのに1200万円。ありえない。出資するしかないでしょう。

デビューは遅めかもしれませんが、夢をみさせてくれそうな血統だけに、わくわくしつつじっくりとその日を待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年ラフィアンの出資馬

2014年は出資しなかったので、2年ぶりの出資となります。

いろいろと迷いましたが、クリスビーナスの14(父ジョーカプチーノ)に出資しました。といってもまだ予約メールを送った段階ですが…。

出資の決め手は以下の通り。

【馬体】

9月撮影の馬体が素晴らしいと思いました。1歳ながら筋肉が発達していて、いかにも走りそうです。

タイセイエクレールも500㎏前後の馬ながら、パドックではバランスがよく、鈍重さを感じさせない体をしていますので、お母さんのクリスビーナスはきっと仔だしがよいのでしょう。

【血統】

父がジョーカプチーノで、カタログは血統表もブラックタイプも3代前までしか掲載されていないため、「地味な血統」という印象をお持ちの方もおられるようですが、曾祖母Midsummer MagicThe Minstrelの全妹。5代母はFlaming PageですからNijinskyが出た牝系です。

9月撮影の写真は、毛色こそ違うもののThe Minstrelの姿形によく似ています。3代も遡ったら影響力は相当薄れているだろう、と思いますが、隔世遺伝ということもあります。

【価格】

私には1400万円ぐらいがボーダーです…。

兄タイセイエクレールが未勝利を勝ったあたりから急に売れ出して、天邪鬼なので別の馬にしようかと思ったのですが、The Minstrelの筋肉質な馬体とそっくりということが決めてとなって申し込みをしました。

ちなみに、最後まで悩んだほかの候補馬は以下の通りでした。

ケイウンブルームの14(父タイムパラドックス)
ラビングトスカーナの14(父スマートファルコン)
コスモクラッベの14(父ダノンシャンティ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2016年6月 »