« 2015年ユニオンの出資馬 | トップページ | 申込書投函 »

2015年12月13日 (日)

インド新幹線は採算がとれるか

本日の朝日新聞での記述。

今回の路線は沿線に人口100万人を超える巨大都市が並び、「世界でも数少ない好条件」(国土交通省幹部)とされる。日印共同の事業調査は、ムンバイ‐アーメダバード間の新幹線の運賃を2300ルピー(約4200円)と想定し、「採算性がある」とした。だが、インドで鉄道は「安価な庶民の足」というイメージが強く、現在は同区間を最安200ルピー(約360円)ほどで乗車できる。

これまでの鉄道と新幹線は別物でしょう。

東海道新幹線が開通した1964年の日本の一人当たり国民所得はわずか30万5千円でした。当時の東京‐新大阪間の運賃は2等が2,480円、1等が5,030円でした。

他方、現在のインドでは、人口が多いため一人当たりGDPは1600ドル程度(20万円弱)ですが、2020年ごろには年間所得が1万5千ドル(約180万円)を超える上位中間層、富裕層が3.5億人(!)を超えるとされています。

これらの層ではデリー‐ムンバイ間の料金4,200円は十分支出可能なはずです。

感覚的にも「3丁目の夕日」の時代の日本でも新幹線には大勢人が乗ったのですから、インドでも同様に大勢の人がのるでしょう。

記事では格安航空会社との競争も記載されており、確かにこれは脅威ではありますが、鉄道と飛行機では輸送力も大きく違いますので、日本の新幹線同様、インド新幹線も国を支える基幹インフラとして機能するものと思います。

|

« 2015年ユニオンの出資馬 | トップページ | 申込書投函 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インド新幹線は採算がとれるか:

« 2015年ユニオンの出資馬 | トップページ | 申込書投函 »